Kiaisoft Japan合同会社

KIAISOFT 代表取締役会長 チャン・ゴック・ジエン

5年間HEDSPIで勉強して、2012年に卒業後8月に来日し、株式会社ディマージシェアに入社。ITテクノロジの基礎を学びました。その後、株式会社オルトプラスにて、ゲーム制作に携わったのちスタートアップ企業に参加し、化粧品を販売するアプリ開発いたしました。該当のアプリは、8億円の資金調達に成功いたしました。その後、ハノイに戻り大手企業の新規事業のプラットフォームなど開発経験があるFujitech社に入社し、SE、BrSE、マネージャーを経てチームビールディング、組織強化を日本人の社長と共に行った後、独立。2019年にKIAISOFTを設立しました。

「おもてなし」と「こだわり」の心で、
日本水準のサービスを提供する

子供の頃からマンガや日本の電子機器などに興味を持ち、小学校時代には、「名探偵コナン」「ドラゴンボール」「ダイの大冒険」「ドラえもん」など、たくさんのマンガを読みました。ハノイ工科大学時代には、HEDSPI (日本とベトナム政府の共同教育プロジェクト  詳細はこちら)で5年間勉強しました。
直接、日本人教師の方から日本語を教えてもらうことで、日本語の面白さと共に人柄の素晴らしさに触れ、より日本を好きになりました。 HEDSPIを卒業後、6年間日本に滞在する中で、日本のサービス業(レストランやエンターテイメント)の接客に感動しました。 日本の製品、サービスは、ハード・ソフト共には非常に繊細で品質が高いと考えており、IT製品もその一つです。また顧客の皆さまに「心地良い」「便利だ」「使いやすい」「また使いたい」と感じてもらう為に、懸命に努力する姿勢が素晴らしいと思いました。 日本での仕事から学んだことをベトナムに持ち帰りたいという思いがきっかけででKIAISOFTを設立いたしました。 「ベトナムの価格で日本水準のサービスを提供すること」が私の願いです。 あわせて、KIAISOFTが日本の皆様によい製品を提供することで、日本とベトナム友好の一助となれば、これほど嬉しいことはありません。 どうぞよろしくお願いいたします。